乳酸菌に含まれる動物性と植物性の違いとは

近年健康志向の高まりにより、全身の良い活動をする細胞の活動を活性化させる菌活が注目されています。菌活というのは体内には無数の細菌類が存在するのですが、その中で人間の体にとって良い効能を発揮する菌を増やすことによって菌が生み出す副産物を効率よく発生させて健康につなげるというものです。その菌活を支えるのが乳酸菌であり、乳酸菌は自然界に存在する微生物であり自身が生きていくためではあるのですが有害な菌や物質を自身を守るために分泌するものが結果的に生物を守るために使われるために重要視されているものです。そのため乳酸菌を定期的に摂取することは体にとって良いことなのですが、ここで一つの疑問がわきます。それは一口に乳酸菌と書かれている商品には主に2つあり、それは動物性と植物性という2種類があるということです。なぜ動物性と植物性の2種類があるのか、それは同じ乳酸菌という形をといっても明確な違いがあるからです。どちらも自然界に存在する微生物で自身が生きていくために有害な菌や物質を自身を守るために酵素を出すまでは同じです。ただし繁殖力と生息する場所そして効果に違いがあります。植物性の場合には自然界の植物全てに含まれているもので、植物が自然界で生きていくために手助けをしています。自然界は気温差が激しかったり有害な菌だけでなく物質も多く待っているため過酷な環境です。その中で生きていくために植物性は強い繁殖力を持っているだけでなく、本来微生物にとってマイナスに働くはずの酸素を使って酵素を生み出し身を守っています。特に繁殖力と環境適応力が強いことから様々なことに応用が可能で、人間の生活ではヨーグルトや漬物といった発酵食品を作るときに活用されます。そして動物性というのは、その名の通りに動物の中にだけ生息しているタイプになります。動物性の場合は動物の大腸の中で生息し、動物が食べたものから栄養源を摂取して数を増やして活動をします。人間にとっては植物性よりも動物性のほうが体にとって良い物質を生み出すため菌活にとって重要視されています。しかし難点として自然界の中に存在するといっても空気に弱い性質を持っていることに加えて、動物が食べ物から栄養を得なければ繁殖もできないということが挙げられます。そのため発酵食品といったものは特別な機器や技術を使わないと作れないため、このタイプを摂取するためにはサプリメントで摂取する以外に方法がないです。